主要石油化学製品のメーカー別生産能力

エチレン(2019年末)

単位:1,000トン/年

メーカー名 生産能力 備考(出資比率等)
出光興産 997  
ENEOS 404  
大阪石油化学 455 三井化学100%
京葉エチレン 690 丸善石油化学55%、住友化学45%
昭和電工 618  
東ソー 493  
東燃化学 491 ENEOS100%
丸善石油化学 480  
三井化学 553  
三菱ケミカル 485  
三菱ケミカル旭化成エチレン 496 旭化成50%、三菱ケミカル 50%
合計 6,162  
  1. エチレン以下各製品のメーカー別生産能力は経済産業省調査による(2019年12月末現在)。但し会社名は2020年7月現在。
  2. 生産能力は定修を実施した場合の年間生産能力だが、現在定修は数年間隔で実施するケースが多い。ちなみにエチレンの場合、各社の定修サイクルを考慮すると現実的な年間生産能力は2019年末時点では650万トン程度と推計される。

ポリオレフィン(2019年末生産能力)

単位:1,000トン/年

メーカー名 低密度PE 高密度PE PP 備考(出資比率等)
旭化成 120 116 -  
宇部丸善ポリエチレン 173 - - 宇部興産50%、丸善石油化学50%
NUC 231 48 -  
サンアロマー - - 408 昭和電工65%、ENEOS35%
JNC石油化学 - 66※ -  
住友化学 305 - 307  
東ソー 183 125 -  
徳山ポリプロ - - 200 プライムポリマー50%、トクヤマ50%
日本エボリュー 300 - - プライムポリマー75%、住友化学25%
日本ポリエチレン 619 423 - 日本ポリケム(三菱ケミカル100%)58%、日本ポリオレフィン(昭和電工65%、ENEOS35%)42%
日本ポリプロ - - 1,021 日本ポリケム65%、JNC石油化学35%
プライムポリマー 96 203 973 三井化学65%、出光興産35%
丸善石油化学 - 111※ -  
三井化学 - 6 -  
三井・ダウ ポリケミカル 185 - - 三井化学50%、パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン50%
合計 2,212 1,098 2,909  
  • 経済産業省調査による。
  • JNC石油化学と丸善石油化学の高密度ポリエチレンは両社の折半出資会社「京葉ポリエチレン」が販売。

ポリスチレン・スチレンモノマー(2019年末生産能力)

単位:1,000トン/年

メーカー名 ポリスチレン(GP・HI) スチレンモノマー 備考(出資比率等)
旭化成 - 372  
出光興産 - 550  
NSスチレンモノマー - 422 日鉄ケミカル&マテリアル51%、昭和電工49%
DIC 218 -  
太陽石油 - 335  
デンカ - 270  
東洋スチレン 330 - デンカ50%、日鉄ケミカル&マテリアル35%、ダイセル15%
PSジャパン 315 - 旭化成62.07%、出光興産37.93%
合計 863 1,949  
  • 経済産業省調査による

合成ゴム(2019年末生産能力)

単位:1,000トン/年

メーカー名 スチレン・ブタジエンゴム(SBRソリッド) ブタジエンゴム(BRソリッド) 備考(出資比率等)
旭化成 130 35  
宇部興産 - 126  
JSR 274 63  
日本エラストマー 44 16 旭化成75%、昭和電工25%
日本ゼオン 112 55  
三菱ケミカル 42 -  
合計 602 295  
  • 経済産業省調査による。

塩化ビニル樹脂・塩化ビニルモノマー(2019年末生産能力)

単位:1,000トン/年

メーカー名 塩化ビニル樹脂
カネカ 369
信越化学工業 550
新第一塩ビ 175
大洋塩ビ 570※
東亞合成 120
東ソー 28
徳山積水工業 117
合計 1,929
メーカー名 塩化ビニルモノマー
鹿島塩ビモノマー 600
カネカ 540
京葉モノマー 200
東ソー 1,104
トクヤマ 330
合計 2,774
  • 経済産業省調査による。
  • 大洋塩ビは2020年6月末に同社大阪工場での生産を停止したが、上記表は停止前の3工場(四日市、大阪、千葉)の能力の合計値。

BTX(2019年末生産能力)

単位:1,000トン/年

メーカー名 ベンゼン トルエン キシレン
出光興産 549 130 859
NSスチレンモノマー 205 71 42
ENEOS 2,104 1,645 4,159
大阪国際石油精製 - - 163
大阪石油化学 130 70 60
鹿島石油 - - 253
鹿島アロマティックス 234 - 522
コスモ石油 - - 300
コスモ松山石油 91 32 48
CMアロマ - - 270
JFEケミカル 229 46 17
昭和四日市石油 190 - 514
西部石油 70 - 250
太陽石油 300 - 700
東亜石油 11 - -
東ソー 154 65 32
日鉄ケミカル&マテリアル 76 12 -
富士石油 175 - 310
丸善石油化学 395 138 72
三井化学 145 101 63
三菱ケミカル 370 62 33
合計 5,428 2,372 8,667
経済産業省調査による

パラキシレン(2019年末生産能力)

単位:1,000トン/年

メーカー名 生産能力
出光興産 479
ENEOS 2,162
鹿島アロマティックス 522
鹿島石油 178
水島パラキシレン 320
合計 3,661
  • 経済産業省調査による。